通信制高校で得る資格

高卒認定試験にすべて合格すると、高校卒業と同等であると認められ、大学への進学や高校卒業以上が受験資格となっている国家試験などを受けることが可能となります。
それは通信制高校を卒業するのも同様ですので、一見して違いはないように感じます。


<通信制高校卒業と高卒認定試験合格の違い>

高卒認定試験は、理由があって高校に進学できなかった、もしくは中途で退学せざる得なかった人に対し、大学進学や一部の国家試験のように「必ず高校卒業の資格が必要である」というものでも受けることができる機会が与えられるように取り計らった救済処置です。
試験資格を得るための手段としては、大変に有効です。
あくまでも「高校卒業と同等の学力を取得している」という証明であり、高校卒業の資格を得ているわけではありません。
通信制高校を卒業することで得るものは、高校卒業の資格です。


<通信制高校と高卒認定試験合格の最終学歴>

通信制高校卒業と高卒認定試験合格は、結果的に同じようなものですが、履歴書などに記入する最終学歴においては、厳密に判断すれば違ってきます。
通信制を卒業して就職するならば、最終学歴は高校卒業。
高卒認定試験合格者は進学したのでなければ、中学卒業が最終学歴となります。
これが大きく影響するか否かは自分次第ではありますので、メリットデメリットという考え方では測れないものです。
ただし、取得後に何かしらの目的がある場合に高卒認定試験を選択するという傾向にはあるようです。

参考:通信制高校と高卒認定試験

通信制高校の学費は?

高校生の授業料においても年収910万円の境界を制限とした学費控除が開始され、通信制高校にも高校無償が適応されておりますが全日制の高校と違って単位数で学費が変わってくる通信制高校ではどのようになってくるのでしょうか。


1単位区分で支給される通信制高校

高校卒業資格を得るためには3年間かけて74単位を取得する必要があります。勿論それ以上の単位を取っても構いませんが逆に言えばこの数の単位を取得すれば卒業ができるということになりますので学費に必要な金額は1単位×単価となります。では1単位はいくら給付されるかといえば4812円ですので希望の通信制高校が私立の場合だと1単位の値段を調べ、その金額から4812円を差し引いた金額×単位数が学費となる計算です。


学費は誰でも給付されるのか?

高校無償化において1単位あたり4812円の給付を受ける事ができる条件として世帯の年収が910万円以下ということになります。これは世帯の収入によって子供の学力が大きく左右されるという統計が明らかになっているためと言われており、既に独立して自分で生活をしている人はこの給付は適用されなくとも就学支援金や授業料の援助、更に別の控除の受給が可能となるケースもありますので通う通信制高校や市区町村窓口に問い合わせてみましょう。広域の学校の中では、ヒューマンキャンパス高校の学費が他校と比べても安くなっています。

通信制高校の学費について

高校無償化などの法律が変わりました。年収910万円を境目に無償化の条件なども違いはありますが、通信制高校でもこの無償化のシステムを利用することができます。ただし、単位制を利用する場合は学費が習得する単位によって変わってくることから、通信制高校では1単位を4812円と換算して、74単位分を受給することができます。


なぜ高校無償化が進んでいるの?

高校無償化の目的には、世帯収入で学力の差が開かないようにという目的があります。教育環境や学力などは、家庭の貧富の違いに大きく相関関係があるという研究結果がでました。この結果を受けて、高校無償化の法案が可決されたと言われているそうです。ただし、現在は年収で区切られてしまう補助であることから、様々な声が上がっているのも事実です。


通信制高校の私立の学費はどうなる?

通信制高校の私立では単位が1単位いくらと決まっています。この金額の修得単位、施設費用や教材費などを合わせたものが学費となります。高校無償化の補助の対象の場合は、この1単位分の値段から、4812円をマイナスすることとなります。ただし通信制高校では74単位で卒業資格を得れますのでそれ以上の単位を習得する場合、この給付金の対象外となる場合もあります。

通信制高校でリハビリをして社会に繰り出そう!

人付き合いが原因で高校を辞めてしまった人もいるかもしれませんが、一度そうなってしまうとひきこもりがちになってしまいますよね。
そのまま過ごしてしまったらニートになってしまったり、いつまでも親に心配かけてしまうようになってしまう可能性も考えられます。
そうなってしまわぬように、自分のペースで学習をして高校卒業資格を取得できる通信制高校に通ってみるという選択肢を作ってみませんか?
学費につきましては全日制高校に比べて少しだけ安くなっていますので経済的な負担も減りますし、何より毎日通学する必要のない部分が良いですよね。


通信制高校はスクーリングがあるけれど安心

通信制にはスクーリングと言って、登校して授業を受ける日にちが決められていますので無理なく通う事が出来ます。
週に一度の場所もあれば一カ月につき何回と決められている通信制高校もありますから、入学する場所を決める時には必ず確認しましょう。
授業は少人数授業ですから人付き合いが苦手だという人でも、そんなに周囲の目を気にすることなく学習を進めることが出来ます。
通信制高校に通っている人は様々な事情を抱えているので、もしかしたら話していくことで良き理解者になってくれることもあるかもしれません。


少しずつ慣れて行こう

通信制に入学することが出来ましたら、少しずつスクーリングに参加をしてその場に慣れていくようにしてみましょう。
無理するのは良くありませんのでゆっくり自分のペースで場に慣れていき、それが出来る様になったら勇気を出して他の生徒に声を掛けてみては。
もしかしたら、向こうから声を掛けてくれることもありますので、少しずつ話して仲良くなれるように努力してみても良いです。
時間をかけて慣れていくようにしていけば、卒業する頃には新しく成長した自分に出会えるかもしれませんよ。

通信制高校にしかない特徴

通信制高校には他には無い特徴が多くあります。

たとえば通信制高校は単位制ですから、自分のペースで学習が進められるなどです。

通信制高校にはメリットデメリットが多くありますから、編入や入学前にしっかり知っておきたいですね。

もしも人間関係や学習の面で通いにくさを感じておられる方は無理せず通信制高校を利用しましょう。

そっちのほうがスムーズに学習もすすめられるかもしれませんし、あなたの将来のためと言えるかもしれません。


時間管理ができない人には通信制高校は向いていない

時間管理のほとんどを自分の責任で行わなければならない通信制高校は、自分の責任で学習ペースを管理しなければなりませんから、それが難しいな、と感じておられる方には向いていないかもしれません。

ですが上手に管理できれば、アルバイトもできるし学習も自由に進められるのでとても良いですよね。


通常の友達との付き合いは期待できない

全日制の高校のように毎日学校に通うことがないところが多い通信制では、クラスメイトや教師とのかかわりが極端に少ないです。

それを承知で入らないとがっかりしてしまうかもしれませんよね。通常の全日制高校の形態に近い通信制も存在しているので、あらかじめ調べておきましょう。

通信制高校の入試内容

定時制高校には全日制と同じように入試があります。しかし通信制高校は、学科試験を行っているものは殆どありません。できるだけ多くの人に高校教育の機会を与えたいという通信制本来の意味がそこにはあるのでしょう。面接が重視され、勉学への意欲といったものが認められれば入学はゆるされます。最低限のマナーと節度がある態度で面接に臨めば、それだけで大丈夫だと言われています。


<通信制高校の面接内容>

通信制高校の面接で面接官に聞かれる内容は、「なぜこの学校を選んだのか」「将来的な夢は」「進路は?」といった差し障りの無いものが多いようです。すでに社会で活躍している人であれば、返答に戸惑うこともないでしょう。しかし中学を卒業したてで社会経験がないのであれば、うまく応えられないかもしれません。
この面接は普通の入試のように落とすために行っているものではなく、最低限の受け答えができるかなという程度のものしか求めてはいません。意思確認と考えてよいでしょう。失礼がないように話せばいいだけのことです。反抗的な態度や、常識では考えられないような行為は、「本当に勉強する気があるのだろうか?」と思われてしまいます。公立は寛大ですが、私立の通信制高校の場合には、それが原因でお断りされてしまう可能性もあるでしょう。

教育課程の違う学校からの通信制高校への編入と転入

通信制高校は、全日制や定時制といった高校とは違い、学年による教育課程の区分を行っていません。
そのため中学などで不登校やいじめなどの経験をし、全日制や定時制の高校への進学は考えず、通信制高校を選択するという人も増えてます。
また全日制や定時制の高校に馴染めずに通信制高校へ転入したり、中退などをした後しばらくのブランクを経て編入する人もいます。
通信制高校は、そのような生徒の大切な受け皿となっているケースも多々あるのです。


<転入>

転入の場合には、そのまま「転校」と同じように、時期は関係なく受け入れられます。
前の学校で取得している単位は、通信制においても有効で、ちゃんと加算されます。
10単位取得しているのであれば、通信制で取得すべき単位は10単位を除いたものとなります。


<編入>

全日制や定時制の高校を中退した後、しばらくの期間を置いて通信制を希望する場合には、編入となります。
この場合には「入学時期」に申し込みを行うことになります。
大体どの学校でも、年に2回ないしは3回の入学時期がありますので、それにあわせます。
1年に1回しか機会がない全日制や定時制では、思い立ってから最大1年間またなければならないケースも考えられますが、通信制では最大でも半年です。
以前に取得した単位は、ここでも生かされます。

通信制高校の学費を安くする方法は?

通信制高校には公立と私立がありますが、公立の方が学費はかなり安いです。通信制高校の私立の場合授業料が200,000円以上という場合がほとんどですが、公立の場合は10,000~30,000円程度です。内訳は授業料のほか、教材費や施設利用料などがかかりますが、私立が高いのは授業料です。


<公立を選ぶと学費が安くなる?>

費用にそれだけ違いが出るのは、私立の場合、それだけ勉強のサポートが受けられるということでもあります。公立の場合は、基本的な指導が行われることが多いので、自分でがんばって勉強することになります。それでも学費を抑えるには公立の方が安いし、卒業できないわけではないので、自分次第で卒業することも可能です。


<私立でも学費が安くなる就学支援金とは?>

私立の通信制高校でも学費が安い学校はあります。私立の場合は授業料に開きがあるので、よく確認してみましょう。また、国から支給される就学支援金という制度があります。就学支援金は世帯年収額に関係なく、一人に津年間118,800円を基本にして、世帯年収によってプラスされます。就学支援金が適用されれば、授業料が安くなります。また、奨学金制度を利用するのも一つの方法です。「日本学生支援機構」「あしなが奨学金」といった制度もありますから、かく自治体の奨学金制度、または学校の奨学金制度について確認してみるといいでしょう。

通信制高校の創設の意図と、その歴史

通信制高校の歴史は意外に古く、創設は1948年、学校教育法(昭和22年法律第6号)にも記載されてあります。文部科学省(当時の文部省)が、全日制および定時制に通えない青少年に対して、通信制という方法で高等学校の教育を受けさせるという意図のもとに生まれました。しかし、当時の通信制高校は高校で学ぶ教科の一部を受講することだけが目的であり、卒業資格を得ることができないシステムとなっていました。


通信制高校の歴史

1955年には卒業資格も得ることができるようになりましたが、修業年限は未だ「4年以上」とされていました。その後、通信制高校は見直しが重ねられ、現代は1961年に学校教育法を一部改訂した「通信制の課程」を基礎としながらも、1988年には大学入学資格検定(現:高等学校卒業資格試験)に合格した科目を卒業に必要な単位として認定できるようになり、同時に就業年限が「3年以上」に改正されたおかげで、全日制の生徒と同じように3年で高等学校教育を終え、大学進学や社会へ飛び立てるようになりました。現在の通信制高校は生来の目的に多少の色を加え、生徒たちを取り巻く環境や将来の希望に応える形で多種多様な高等学校となって、多くの生徒たちを受け入れ続けているのです。

通信制高校で「ゆっくり」進もう!

「今、学校に通えなくても大丈夫」そう、通信制高校はゆっくりと自分のペースで卒業を目指せる学校です。全日制高校に通って、大学まで行って、就職して・・・。そんなルートだけが人生ではありません。「負け」を味わった事がある人間程、強く優しくなれるものです。


取得する「高校卒業資格」の価値

「負け」という表現を使いましたが、正確にいうと主観的な「負け」です。通信制高校で手にする事ができる「高校卒業資格」は全日制の学校で取得する資格と価値は変わりません。また、評価形式こそ違いますが進学における推薦時においても評価は平等なのです。採用試験においても、募集要項に記された条件の前では誰もが平等であり同じ土俵で戦う事となります。


通信制高校で養う自己管理能力

通信制高校の卒業は「何もしなくても、スクーリングさえしていれば達成できる」というものではありません。そこだけは、どうしても認識してもらいたい点です。学習時間を自分で確保し、規定の日にちまでに提出を行う。しかも、週に出される課題は平均3~4つです。これを継続する事ができた生徒は自己管理・自己責任の感覚を養う事ができたと言っても過言ではないでしょう。「通信制高校さえも卒業できない」そんな風に落ち込むのではなく、諦めずに取り組めば必ず目標は達成されます。また、支援体制の整った学校も増えてきており卒業率は年々高くなってきています。

通信制高校で卒業するためには

通信制高校で卒業するために必要なことを、いくつか紹介します。そのポイントをおさえておくことで、卒業までの学習がラクになります。


通信制高校は卒業率で選ぶ

まず、そもそもの通信制高校を選ぶところが、大きな分岐点となります。正直なところ、学校がどれだけ生徒に対してサポートをしてくれるかで、卒業出来ている人の割合は大きく変化します。卒業率で比較すると100%に近い学校から50%にも満たない学校まで、卒業する割合は大きく違います。そのため、確実に高校卒業資格が欲しいのであったら、まずは学校の選び方が大切になります。


卒業までにすること

いざ入学したら、次に学習が始まります。通信制高校の授業カリキュラムは、生徒が自分で選択した科目の勉強を進めていくことになります。そのため、生徒によって年間での学習時間が違うので、基本的には勉強は自宅で行われることになります。そうなると、今度は自分で自分のスケジュールを決めて実行し寝ければなりません。でもこれって、生徒にとっては大きな負担となります。そこで学校側が、レポートの提出を促す連絡を行ったり、学習面・生活面での不安や悩みを解消したりすることが大切になります。自分が立てた計画通りに通信制高校で学習していこうと思ったら、自分の力も大切ですが、それよりも学校の環境が大きく左右するということを覚えておきましょう。

通信制高校の選択コース

通信制高校の特色である個性豊かかつ種類豊富な「選択コース」や「選択科目」。全日制高校では有り得ない授業も通信制高校なら出来ちゃうのです。


通信制高校なら受けたい授業を自分で選べる

普通の学校の授業では時間割りの9割がカリキュラムによって決められていて、自分で選べる授業は1つか2つかが良い所ではないのでしょうか?しかし通信制高校なら決まっているのは最低限のことで自分が何をメインに学ぶかは自分で決めることが出来るのです。その内容ももちろん英国社などの基本的な勉強だけではなく、漫画アニメや看護やトリマーなどまるで専門学校さながらの本格的授業を受けることもできるのです。


全日制高校よりよっぽど確実な未来に繋がる

全日制高校は「平均的な学力」を身に付けるようなカリキュラムになっているので、生徒の個性一人一人に合わせて授業を組むという概念がそもそも存在しないのです。だから馴染める子と馴染めない子が出てくるのはむしろ当然と言えば当然なのです。そこで馴染めないと思ったら通信制高校という選択肢を選ぶのはむしろ賢明だと言えます。「平均的学力」を身に付けるだけの学校よりも通信制高校の方が未来に繋がる技術や知識を学べる学校だと推奨しています。

通信制高校と高卒認定

通信制高校では高校卒業資格を取れる他、一部の通信制やそのサポート校では高卒認定を並行して目指す事が可能です。


高校卒業資格と高卒認定

よくこの高校卒業の資格と高卒認定は混同されがちですがこの両者は実は全くの別物です。まず高校卒業の資格は通常の全日制を卒業した高校生に与えられるもので文部科学省に認可された通信制高校でも同様の資格を得る事が可能です。それに対して高卒認定は高校を卒業した人間と同等の学力がある事を認める資格およびその資格を得る為の試験の事を指します。高卒認定は持っている事で大学進学や高卒者向けの専門学校、求人や資格に申し込む事が可能ですが最終学歴は高卒認定だけでは中学卒業のままです。


通信制高校でのメリット

高卒認定の試験は科目毎に分けられており資格を取る為には全ての科目で合格する必要がありますが、実は受かった科目が一部の通信制高校では卒業に必要な単位として認められます。また逆に通信制で履修した科目は高卒認定において試験科目免除となる場合があります。その為通信制高校から両方を目指す事でより堅実に、そして楽に高校卒業と高卒認定の両方を目指す事が可能です。さらに通信制高校は普通の塾などと違いこういったケースに対するノウハウが豊富で一部の学校では高卒認定専用のコースが設けられている為、単に高卒認定のみを目指す場合でも通信制への進学は有効です。

通信制高選びの3大特色

通信制高校には「私立」と「公立」があります。通信制高校の88.6%は私立です。公立高校は全日制高校と併設されている事が多く通いやすく、編入、転入の手続きがスムーズである事多いようです。私立通信制高校は一般的に公立高校よりも学費が高い事が多いようです。しかし、ネットを利用した放送授業サービス、サポート校の併設など卒業までのサポートが手厚いという特徴があります。私立、公立という垣根に囚われず、各学校の特徴を知らべてみると良いでしょう。


「広域」と「狭域」から選ぶ

通信制高校には、広域通信制と狭域通信制があります。3つ以上の地域から募集している学校を広域通信制と言います。広域通信制には、地域ごとに分校やサポート校を設置しています。スクーリングの便利性を考えた上で選択しましょう。


通信制高校の入学方法

入学方法には転入(転校)と編入があります。最近では春・秋のどちらの入学も可能である場合がほとんどです。転入とは他の在籍している生徒が入学する場合を指し、編入する場合は一度他の高校を中退している生徒が入学する場合を指します。履歴書では、転入という形にすれば高校中退にはならないので気になる方は転入の形をとる方が多いようです。

通信制高校の学び方

通信制高校ではレポート提出が基本です。自主学習で得た知識を、決められた課題についてまとめる事で確認していく形です。


通信制高校のレポート制度

レポート評価法は大学や短大でも取り入れられている方法であり、自分で考える事が多くなるので授業を受けるよりも深い理解を得る事も可能です。レポートは決められた回数、期限がありそれらを厳守する事によって評価も高まっていきます。提出は、郵便の他にネットからの提出が可能です。


選べるスクーリングスタイル

スクーリングの頻度は各学校様々ですが、各教科決められた日数をこなしていく必要があります。月2回程度のスクーリングが一般的ですが、カルキュラムによっては合宿型、全日制のような毎日登校制など様々です。より、全日制に近いスタイルを求める方は毎日登校を選ぶ方が多いようです。スクーリングでは、授業だけではなく面談や体験学習などメンタル面のケアについても積極的にアプローチする内容になっています。また、広域範囲から通学可能とする通信制高校もあります。私立の学校に多いスタイルですが自然の多い場所、逆に都心に立地している学校を選ぶ事も可能です。テストは原則としてレポート提出がされている場合だけ受ける事ができる為、普段からのレポート提出の重要度はかなり大きい事になります。

通信制高校は子供の可能性を伸ばす場所

通信制高校というと、高校中退者や諸事情で高校に行けなかった人が高卒資格を取るために通う学校というイメージがあるかもしれません。それ自体は決して間違ったイメージではないのですが、あくまで通信制高校の一部分にしか過ぎません。高卒資格を取るための中継地点ではなく、全日制高校などと同じ様に進学・就職を視野に入れて切磋琢磨でする場所であり、高校中退をした人がいくところという限定的なネガティブイメージとはかけ離れた、大きな可能性がつまった場所なのです。


通信制高校なら進学も就職も全面バックアップ

四年制大学や専門学校への進学、そして専門分野を生かした就職など、どんな進路設計にも対応しています。生徒一人一人の進路に合わせた授業内容や、メンタル面や生活パターンといったニーズにも応えてくれるカリキュラムを用意しているのが通信制高校のメリットなのです。


学費も全日制高校と比較すると大変安い

学費も安いので、たとえ他の高校を中退してから通信制高校に入学するという場合であっても大きな金銭的負担を背負うこともありません。そして入学試験などもありませんから敷居もとても低いと言えるでしょう。この様に、きちんとした教育を低コストで受けられるというのが通信制高校最大のメリットなのです。

通信制高校を卒業するメリット

通信制高校を卒業するメリットはなんでしょうか。高校卒業資格ならば高卒認定試験を受ける事で取得する事が可能ですので、わざわざ通信制に入学する必要なないような気がします。しかし、通信制を卒業するメリットは将来の夢や職業に直結するものです。


専門知識を深められる環境

通信制高校では、高校生が取得すべき一般教養レベルの学習を完了する事ができる事の他に、専門的な知識・技術を深める事に置いて非常に適した環境と言えるでしょう。その理由は自由に使える時間の多さです。その時間を興味がある分野に向ける事ができる事は勿論の事、専門資格を取得できる通信制高校を選ぶ事で就職に直結する知識を高校に通いながら深めていく事が可能です。


通信制高校のメリットとは

高校認定試験では、高卒資格を取得する事は可能ですがその他の資格、経験を得る事はできません。通信制は就職に向けた「前向きな選択」という事ができるでしょう。また、進学を目指す場合でも、通信制は選ばれています。その理由は、サポート体制の充実やこれまでの実績でしょう。また、具体的な目的がある通信制高校に通う事でモチベーションを保つ事ができるため、卒業までがんばれる生徒が多くなる事も事実です。

通信制高校関連情報 | PahlawanWeb powered by WordPress